読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

タイワナビー台湾から

台湾で色々している日本人

個性的な品揃え、眺めるだけで楽しい台北の本屋さん

台湾で学ぶ

海外に来て、その土地の本屋さんに行くことはありますか?

これまで海外旅行に来てまで、なかなか書店に足を運ぶことはなかった。やはり外国語の本はあまり手が進まないし(英語と中国語は勉強中だから読まなきゃと思いつつ)、物語や作者の広げる世界にどっぷり浸かりたいなら、日本語だろという想いが心につよくあった。

 

だけど、台北に引っ越してから、よく本屋さんに行くようになった。そして海外に旅行や仕事で行く際にもちょくちょく本屋さんに寄るように。これは自分なりの本屋の楽しみ方を台北で知ったからだ。

 

台湾の本屋さんは面白い、本屋先進国!

まずやはり台湾の本屋事情を語るときに欠かせないのが、「誠品書店」!台北に来て一番先に知った書店がこの「誠品書店」。台湾人の友人に24時間営業している本屋さんが有るということで案内してもらった。

f:id:ja015044:20161211210550j:plain

シックな内装と展示方法はあの日本の蔦屋書店にも影響を与えたとか。

f:id:ja015044:20161211210740j:plain

広々した店内とシックで落ち着いたインテリア。そう、歩くだけでも気持ちがいい。そしてここでは立ち読みではなく、座り読みOK。みな一心不乱に本を座り込んで読んでいる風景が日本とは違う。

また他にも面白い点が、台湾には文庫本がない。基本的に書籍といえばハードカヴァーになる。だから装丁を眺めるだけでも楽しい。結構凝ったデザインのものが多い。日本の文学作品も多く翻訳され出版されているが、日本版とは違った装丁を見るのもまた新鮮だ。

大手書店だけでない、独立系書店という新しい波

そして台湾の面白い書店事情はこのような大きな書店だけにあるのではない。最近では独立系書店という、品揃えやジャンル分けに書店員がこだわりを持ったいわば「本のセレクトショップ」的な書店が多くなっている。京都の恵文社のようなイメージだ。

恵文社一乗寺店

中国文学界は広い。もちろん本土、そして台湾、香港など中国語の本はいろんなところで出版されている。だから書店のセレクトも台湾だけにとどまらず広範囲に及んでいるところが面白い。

ここでは台湾の出版や書店情報が詳しく書かれている。

motto-taiwan.com

個人的におすすめの書店:閱樂書店

松山文創区という公園と展示場、文化施設が一緒になったスポットの中にある「閱樂書店(ユエユエ書店)」。公園内の小さな池の麓に有る緑色の外観が目印。

f:id:ja015044:20161211213202j:plain

毎日のように読書会やアコースティックライブが行われている。イベントが頻繁にある書店は今まで私の周りにはあまりなかったので新鮮だった。

f:id:ja015044:20161211213520j:plain

ここではスタッフの男性と話す機会があった

書籍のセレクトはすべての書店員が責任を持ってやっているのだそう。また読書会、講演会などの企画も自分たちの手でしている。目がまわるくらい忙しいけれど、本が好きだから。このようなことを語ってくれた。ここの書店は台北の独立系書店の中でも売上が良いそうだ。居心地の良さと、書籍セレクトのセンスは中国語が母語ではない私でもよく分かる。

f:id:ja015044:20161211213845j:plain

また美味しいコーヒーを飲みながら、買った本も店内で読める。ゆっくりとを本を楽しむ工夫があらゆるところでされていると感じた。

 

世界どこでもスマホの普及で本の存在感はますます薄くなっている。少しの空き時間に手が伸びるのは、本ではなくスマホになった。そして本屋ではなく電子書籍屋を利用したり、またはアマゾンのようなインターネット書店で本を選ぶという機会も増えた。

 

でも台湾に来て、改めて本屋の存在意義ってなんだろうと考えるようになった。台湾では基本的に交通公共機関に乗っている時間は少ない。地下鉄に乗っても15分そこそこだ。だから本を読むと言うのは自分で時間を作って「さぁ読むぞ」と始める必要がある。

だからこそ面白い本を読みたい、新しいものに出会いたい、自分を知らない世界に連れていきたい、こんな気持が強くなっているのだと思う。

jp.junkudo.tw

ちなみに、日本語環境を離れて初めて「日本語を渇望」するという体験をした。小さな書店では有るが、店内全てが日本語本の淳久堂には本当にお世話になっている。台北在住の日本人のオアシス。国父記念館の近く。

 

 

有名ブロガーさんがすすめる台北一番のアロマトリートメントを体験してきました

台湾で癒される 台湾生活情報

スパ好きの日本女子ならみんな目にしたことがあるでは。

cieltrip.blog.jp

Cielさんは日本はもちろん世界各地のラフジュアリーなホテルとスパを紹介している。またCielさんは台湾に現在在住されているそうで、台北のスパのことを結構詳しく書かれている。世界を知り尽くした素敵なお姉さま(私の頭の中は松嶋菜々子さんのイメージです)が絶賛されているスパとあって期待に胸を膨らませいってきた。

f:id:ja015044:20161111210839j:plain

これがお店の表札。

店の入口はこの表札の脇から階段で地下に降りていく。

地下に降りると、靴を脱ぎ店内に。

f:id:ja015044:20161111214535j:plain

店内に入るとほのかにアロマの香りがしてふっと一息心が落ち着く。

そして予約名を告げると、担当の施術者がこちらに。

私は2回訪れたが、1回目は日本語が話せる方だった。2回目は中国語オンリーの方だったが、日本が話せない方に、日本人のお客さんとどうやってコミュニケーションを取るのか聞いてみたところ、筆談を良くするとのこと。漢字を使う国同士こんなときは本当に便利。

 

そして事前のカウンセリングでは、予約コースの確認と精油を選ぶ。ただ、コースによっては精油があらかじめ決められている。ここではエッセンシャルウォーター入りのお白湯をいただく。このひとときが本当に嬉しい。

 

その後、軽くシャワーを浴びる。コースによってはメイクを落とすの必要も。

人気の鹿女コースではメイクを落としておこう。

 

そして脱衣所を出ると担当の施術者に誘導されて

また上の階に移動する。

すると、大きなドラというのか、楽器がドーンと目に入る。

これはトリートメント時に使う楽器。

大きなシンバルのような楽器の前に座ると

施術者が後ろでこのドラを叩く。

そうすると背中からその振動が体の隅々までいきわたり、

しびれるような感覚とともに、心も動くような感覚に陥る。

www.canjune.com.tw

↑コチラのサイトでそのドラを見ることが出来る。

 

そしてベッドルームへ。

鹿女コースを選んだときはVIPルームに通してもらった。

広々としたお部屋に、窓が大きく中の庭の緑が

部屋に入った瞬間に飛び込んでくる。本当に素敵なお部屋。

 

ではここからは「鹿女」コースのレビュー

まずは足湯をして、足裏をオイルを使ってマッサージしてもらう。

この時、私は片言の中国語を駆使してなんとかお話したが

むしろ言葉がいらないよなーと思った。マッサージのときって。

 

その後ベッドに移動すると、施術者がCDを流し始め鹿女コースがスタートする。

この「鹿女」コースはいつもは脇役だった音楽がメインとなるコース。

音楽のリズムや曲調に合わせて、施術者のタッチが見事に変化をしている。

音は鳴らないが私の体もこの音楽を一緒に奏でているような、不思議な感覚になる。

 

※注意事項は施術は70分一気に音楽の流れとともに行われる。だからトイレに途中でいけないこと。施術が始まると私は体内のめぐりが良くなり、とてもトイレが近くなる。施術を受ける前はコーヒーやカフェインを拭くものは取らないほうがいいかも。

 

施術が終わると、心に充実感を感じ、体が軽くなっているのが分かる。

施術者の腕も本当に素晴らしい。痛い寸前の一番気持ちいい圧で施術をしてくれる。

あー書いているだけでもう行きたい。

 

そう!施術が終わった後に聞いたのだが台北ナビ経由で予約するとなんと

定価よりぐっとお安くなるみたい…。お金を払い終わった後に聞いたよー。

次回は必ず使います!台北ナビ!

www.taipeinavi.com

ただのトリートメントだけではなく、スピリチュアルな体験をしたいなら

本当におすすめのスパ。

 

 

 

 

 

日本人の多くがびっくりする!台湾の若者タトゥー事情とは?

おもしろおかしい台湾人

「台湾」と聞いてどんなイメージが浮かぶか?

温暖・のんびり・南の方にある・人が親切・親日な人が多い…

などなど素朴な人がのんびり暮らしているというイメージが多い。

しかし「タトゥー」に関しては本当にびっくり。

 

えっこんな子もタトゥーしてるの?

まず街に出れば若者の多くが腕や足のふくらはぎにタトゥーを入れているのが目につきます。本当におとなしくてメガネをかけた趣味は読書です、みたいな女の子でも服の袖をまくれば、あらあらタトゥーが飛び出てくる。

 

f:id:ja015044:20161108202200j:plain

特に夜、クラブに行けばそこもかしこもタトゥーだらけ。本当にファッション感覚でタトゥーをいれているよう。私はタトゥーを入れていないが、見るのは好きだ、とても楽しい。

日本との台湾のタトゥーに関する認識の違い

日本ではタトゥーを入れるということは、特別な意味があると思う。入れるときにもよしっと決意をして入れる人が多いのではないか。

日本では公共の場でタトゥーを見せるのはタブー。だから目立たない場所に入れている、もしくは普段は服で隠している人が多い。もちろん温泉や公共浴場にはタトゥーがあると入れない。

だからタトゥーを見る機会は結構少ないし、入れている人をいい意味でも悪い意味でも特別視する傾向があるのではないか。

 

しかしここ台湾では、タトゥー自体にそんなに深い意味はない。多くの人はかっこいいからという理由だけでタトゥーをしている。そしてここでも集団心理というかみんながしているから私もやりたい!こんな若者も多いと思う。

taiwannabe.hatenablog.com

でも、一見エリートサラリーマンが腕まくりをして、腕に棲みついている龍と目が合うと、この人は本当にカタギなのかと疑ってしまう。でも社会全体がタトゥーに寛容であるということは悪いことではないかもしれない。

 

f:id:ja015044:20161108204052j:plain

 

思い立ったら我慢せずにはいられない台湾人

私は台湾の人は日本人に比べて、行動力は遥かにあると思う。いろんなことに興味を持ち飛び込んでいく姿は本当に頼もしい。しかし逆に言えば、後先考えずに思い立ったらすぐに行動してしまい、結局失敗したというケースをよく目にする。(とくに飲食店、何も考えずスタートするからすぐに潰れる)

だからタトゥーに関しても、やるときめたらやるという、という台湾マインドが働いて街中でこんなにも多くのタトゥー鑑賞を楽しむことが出来るのだ。

 

※ちなみにみなさんが頭のなかで思い浮かべるヤクザ屋さんの入れ墨。これが背中一面腕と胸にはいっている人は、日本と同じく悪い人らしいので要注意。日本風の入れ墨です、西洋風のタトゥーは大丈夫とのこと。

 

 

台湾好きな日本人と日本好きな台湾人の違いとは?

ここがへんですよね日本 ここがへんだよ台湾

ねぇ、なんで誰も知らないの?

先日台湾人彼と一緒に日本音テレビ番組を台湾で見ていた時の事。

いきなりこんな質問を台湾人彼からされた。

f:id:ja015044:20160726193637p:plain

彼の質問の意味は

「台湾人は日本人の歌手やドラマ、ブランドや俳優たくさん知っているけど、日本人は全然台湾人歌手とかドラマの事知らないよね?」

うーん。確かにそうなんです。

私は台湾に住んでもう1年になる。台湾に住む前にも5回ほど旅行に来ていた。彼にこっちに来て欲しいと言われた時でも、台湾になら住んでみたいと思ったからだ。でもこんな私でも台湾の特に芸能人のことは全然知らない…

金城武、リン・チーリン、ビビアン・スー

これが私が名前と顔が一致する台湾人だ。あ、王監督とヨウ・タイカン(日ハムの選手)も台湾だよね。また、金城武はもしかすると厳密に言えば日本人かもしれない。どっちだろ?

金城武 - Wikipedia

日本アジア各地で活動する俳優台湾台北生まれ。日本国籍日本人の父と台湾人の母との間に生まれる。

うん。日本人だ。(戸籍上は)

 なぜ日本人は台湾の芸能人を知らないのか

私の周り(台湾にある中国語学校内)でも台湾人歌手が好きで好きで毎日聞きながら通学しているor私のスマホの待受は台湾人俳優なの♡みたいな人はいない。でも、韓国の場合結構いるよね。私の周りでも東方神起が好きでそれがきっかけで韓国に留学してしまった友達もいるし、毎年ビッグバンのライブに行っている人もいる。

でも、台湾人歌手や他の中国本土、香港などのC-POPが好きで留学に来たという人は聞いたことがない。そこで私は自分なりにこの理由を考えてみた。

そもそも日本に進出していない。CDも買えない。テレビにも出ていない

まず大きな問題として日本で台湾芸能人を知るチャンスは限りなく少ないということだ。MayDayミュージックステーションに出演していたというニュースは聞いたことがあるが、それ以外の歌手は見る機会が殆ど無い。一方韓国の歌手は日本語の歌を歌ったり、日本でライブをしたりこちらでしっかり活動をしているという違いがあると思う。台湾の方から消極的で日本に来ていないのか、もしくは中華世界(中国・台湾・香港、東南アジアの華僑)で受け入れられたらいいので、日本での活動に興味がないのか。分からないがとにかく、日本で本格的に人気を高めようと思っているバンドは少ないのではないだろうか。

日本人は台湾の眼に見えないものが好き

また、私の周りで台湾が好きでコチラにやって来ました!(留学・ワーホリ)は大体の人が人に魅せられてというケースが多いと思う。同じ人でも「一般人」なのだ。確かに台湾の人は日本人に対して本当に親切にしてくれる人が多いし、人情味がある人が多い。そして我々が思いもつかないことをさらっと平気でするあたり目が離せないのは事実。

 

👆奇怪ねー台湾 不思議の国のゆるライフ

これは本当に日本人からみた台湾あるあるなので、台湾人の愛すべき習性を知りたい方は必読です。声に出して笑っちゃいます。

 

そして私の友達(東京出身)が言うには、やはり街のハード面は発展しているんだけど、雰囲気とかソフト面は田舎っぽくて好きとのこと。確かに昨日会った台湾へ旅行回数数十回のお姉さんも、街のリラックスした雰囲気に癒やされるから何回も来てしまうと言っていた。

 

つまり私が思うに、日本人は台湾の「モノ・ヒト」ではなくお金で買えない何かを求めてやってきているんだと思う。日本ではもうみんな忘れてしまったことがまだここでは確かに残っている。そんな台湾のちょっとおかしな部分が愛しくて懐かしんだと思う。

芸能人は知らないけど、台湾が大好き

だからこれから台湾人に好きな台湾芸能人は?と聞かれても胸をはって知らないと答えようと思う。なぜなら目の前にいる普通のあなたが好きだから。

f:id:ja015044:20160726193746j:plain

英語が話せないのならまずは発音を矯正してみよう

中学校・高校、そして大学生、さらに社会人になって英会話スクールに通っても こんなに勉強してもまだ話せない!なぜなの?なぜ私はいつまでも英語が話せないんだろう… 実は私も27歳くらいまでは本当に英会話ができませんでした。

得意科目なのに英語が話せない

実は英語は大学受験時には一番得意な科目でした。いつも通学中は英単語帳を赤い下敷きを持ってひたすら眺め、塾の英語のクラスも上級に入れるほど成績も良かったのですが、ある方法に出会うまでは、不思議なくらい話せなかったんです。 PAK105215959_TP_V

大学は京都にあったので、外国の人と話す機会もまぁまぁあったのですが とにかく話せない。頭がパニックになってしまう。こんな状況が続きました。

その後NO●Aにも入会したり(結局通わなくなり、退会) フィリピンのオンライン英会話スクールマンツーマンレッスンに挑戦したり、ENGLISH TOWNで世界の英語学習者とオンライン上でレッスンを受けたり、英会話や英語の本を大量に購入しました。ここまでは結構ありがちな話です。

自分なりには細々と続けて来た語学学習でしたが、この時は一向に発芽の気配も感じられませんでした。 ELLY853_tosyo15191241_TP_V

発音を意識してから、話すのが楽しくなってきた

しかしある日、思い切って英語の発音を勉強することに決めたんです。これはまでは主に文法本や会話本を中心に勉強していたのですが、全然うまくいかないし、むしろヤルキが徐々になくなってきたので、ふと本屋で見つけた発音本に取り組むことにしました。

私はこの2冊をとにかく本に書かれているとおりにやっていました。 大事なのはCDを聞いて実際自分で発音するときに録音をするということです。 本当に最初はTHEジャパニーズイングリッシュで恥ずかしかったですが やはり練習をするとだんだんこなれてきます。

よく日本人は「R」が苦手という話を聞きます。 しかし私は個人的に「F」「TH」「P」この3つをマスタ−することをまずは心がけると 発音力はかなり上がるし、英語っぽい英語が話せるようになると思います。

発音を矯正して世界が劇的に変わった

まず、もちろん正しい発音が身につくとリスニング力は飛躍的に上がると思います。 発音ができないものは聞き取りにくい、これは真実だと思います。ただめちゃめちゃカタカナ英語なのにリスニング力は抜群な人もいるので100%当てはまるわけではないです。でも私自身はリスニング力の向上を確かに感じました。

何よりも話すが楽しい(性格が変わるほどにネ)

発音を矯正して英会話力が上がったのは何よりも「英語話すこと」が楽しくなったからだと思います。 これはめちゃくちゃデカイです。なぜなら耳から聞こえている英語がなんか「カッコいい」から、今まで普通の日本人だったのに話し始めると外国人になったになった気分になれます。そしてテンションがこうやって上がると細かいミスはありますが堂々と話せるようになれます。日本人以外の英語非ネイティブの国の人はとにかく臆せず話します。話せば話すほどやはり会話力は上がると思います。

また日本人の発音はヒドイ・良く言えばユニークと私達が思う以上に世界中で有名です。しかし発音がある程度できたら(完璧ではなくても)、オッこいつできるなと思ってもらえます。実際に渡しも海外で何人もの英語ネイティブ・非ネイティブに発音をほめてもらいました。しかしこれはあくまで日本人からするとなので、ネイティブの域にはまだまだ遠いと思っています。でもこの褒めてもらえることで自分の英語に更に自信が持てるようになり、勉強が前以上に楽しくなりました。 PPW_amerikakokkinokazaguruma_TP_V

最初は大げさに、自分はアメリカ人だと思い込む

細かい舌の位置や息の出し方など、テクニックは本で読みながら少しずつ覚えていけば問題なしです。しかし一番大事なのは思い込み力です。私はアメリカ英語の発音を習得したかったので、自分はアメリカ人とまで思い込み大げさに発音の練習をしたり、映画などでみたリアクションのを真似したりしていました。実際に私は今でも英語スイッチが入ると正確は少し変わります。でもこれは英語話す人あるあるですよね。

とにかく自分の英語に少し自信が持てるようになったのは30歳前。留学なし、海外在住経験がなかった私でも、コミュニケーションには困らないレベルにはなれました。何をやってもダメだったという人はぜひ発音の特訓にチャレンジしてみてくださいね。 image

日本以上??流行が大好きな台湾女性の生態について

台湾でお買い物 おもしろおかしい台湾人

夏本番の5月、街を歩けば、とにかく若い人の半分以上。。。

いや、80%以上はみんなナイキの黒いスニーカーを履いている。

地下鉄に乗っている時に前に座っていた台湾人のグループみんな同じ靴を履いているのを発見した時はちょっとめまいがしてしまったほど。

↓こんな感じのナイキの靴

f:id:ja015044:20160717202346j:plain

ここに引っ越してきて初めてわかったのが

台湾の女性は日本以上に「流行」ということに敏感であるということ

日本の女性も私はすっごいミーハーだと思う。何かが流行るとみんな同じような服装になったり、同じものを買うという現象がよく起きる。そして私は同調圧力が強い日本だけの問題なんだろうと台湾に引っ越すまでは思っていた。

 

しかし今台北に来て、ここの特に若い女性を流行をひたすら追い求める姿は日本女性の数倍と感じている。もしあなたが台湾に来て1時間もしないうちに、台北で何が流行っているのかをすぐ感じ取れることができるだろう。

とにかく10人中8人は持っている2016年台湾の流行

・カンケンのバックパック

 

これは去年はかなり勢いを感じたが、今は落ち着いて他のバッグに台湾女性の気持ちは徐々に移っているかな。

 

・アネロのバックパック

 

カンケンは勢いが落ち、今はこのアネロのバックパックに人気が集中。本当に階段やエスカレターで前の人の背中が見えた時、女性なら10人中7人位はこのアネロのバックパック。これは日本のブランドらしいが、きっと台湾でのほうが人気がありそうな感じ。

 

・ナイキのシューズ

・ロンシャンのハンドバック

・黒色のワイドパンツ

・キャップ

とにかく友達が集まってみんな同じ格好をしているのには結構びっくり。そして昔はファッションは日本からの影響が強かったようだが、今では韓国の影響がかなり強いように感じる。

こんな感じの(ごめんなさい私の意見)ちょっとテロテロ安っぽい生地の服を着ている子が多い印象。でも韓国の洋服はデザインも日本のものよりは面白いものが多くて何よりも安いのでワンシーズンだけと思えばかなりお得。そして台北には観光から買い付けたセレクトショップがたくさんあるから、私もよく利用するけどね。トップスなら日本円で1500円以下!安い。

同調するんじゃない!喜んで追従するのだ!

また台湾の若い女性の特徴は流行に喜んで自ら追従しているという点だと思う。日本では流行っているし、これ買っておけば無難かな?とかみんなと一緒が安心するという心理的不安を解消するために流行に乗っている人が結構多いと思う。

 

でもここ台湾では、自らの意志で喜んで流行を追いかけるとい感じをすごく受ける。だから友達みんな集まって同じ靴を履いていても気にしないし、地下鉄の中で同じかばんを持っている人を見てもお構いなし。(だから台湾では同型多色の商品が多いと感じる、とりあえず色で自分を表現する。)

台湾人は日本人よりも素直?

だから台湾でビジネスをするときはとにかくマーケティングよりも何よりも流行っている感じを創りだすのが一番大事。そして一度火が付くとみんなFBとかIGに写真を載せて自撮りをするから、瞬く間に拡散していく。そして日本みたいにひねくれた人も少ないから(アンチ流行な人)結構みんな素直にその流行に波に乗って行く感じがする。

よく聞くのがサクラ。レストランや屋台などはよくこの手法を使うとか…

そして最後にこの文章を紹介したい

f:id:ja015044:20160717205205j:plain

これは私が今通っている中国語学校の教科書の一文だ。

翻訳すると、ある台湾女性が言うには、もし流行が理解できなく、人気のテレビドラマも水、流行っているレストランやスマホゲーム、化粧も知らないなら、すぐに友達がなくなってしまう。

 

結構ショッキングな内容に感じたのは私だけではないはず。私はあんまり流行とか知らないし…。台湾で友達がなくなってしまうかも。

 

でも実は自分のスタイルを求めるよりも、流行に乗っていたい、そんな自分がカッコいいというのは日本よりも強いと感じる。または全く何も気にしない、化粧もしないしとにかく自然体です。みたいな人も多い。そう台湾は両極端で程々に流行も取り入れながら、自然体(を装う)というスタイルがないのだ。

 

 

 

 

実は少数派?左側通行の国について調べてみた

ここがへんですよね日本 ここがへんだよ台湾

f:id:ja015044:20160714233523j:plain

 

台湾に来て最初になれないこと。

それは右側通行。

 

台湾は昔日本が統治をしていた影響もあってか

いろんな場面で日本からの影響を感じることが多いが

なぜか車の運転は右側通行左ハンドル。

道路を渡る時も右を最初に見なくてはいけない。

でもまだなれない時はついつい左を見て確認する癖が抜けず

何回か危ない目に遭った。

 

そこでふと気になって世界の他の国はどうなっているんだろうと調べてみた。

 

意外に少ない左側通行の国

f:id:ja015044:20160714231110j:plain

おおまかに言うと

青い色の国が日本と同じ左側通行

赤い色が右側通行の国

こう見ると左側通行の国って少数派。

傾向としてはイギリスの影響力が強く及んだ国は左側通行

例えばオーストラリア、ニュージランド、香港など

 

日本が左側を選んだ理由としては「刀社会」という説があるそう。

左側を歩いたほうが抜刀がしやすい

(これは元剣道部の私から言っても確かにと思う)

※海外のサイトですがまずはナポレオンが右側通行を選択し、それに反発したイギリスやイギリスの植民地の国では左側になっていたということ。また日本はもともと刀社会なので左側通行が暗黙の了解だったが、明治政府が鉄道システムをイギリスに習うと決めた時に正式に道路も左通行にすると決めたそう。

 

海外あるある:左側の国の人とはなぜか妙に共感し合える

 

そんなこんなで世界的には少数派の左側通行人。台湾は右通行なので、ここで左側通行の人に合うと何故か嬉しくなってしまう。お互いに最初なれなかった経験や違和感をシェアできるから。よく海外で日本児を見つけると嬉しくなることがあるが、私の場合は左側通行の国の人をみつけると嬉しくなって話しかけることが多い。