読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

タイワナビー台湾から

台湾で色々している日本人

旅が楽しくなるスーツケースの選び方3つのポイントとは?

旅行の日程が迫ってきた!ワクワクする気持ちが抑えられないですよね。でも楽しい旅行の前の1大イベントが「荷造り」。

 

中には旅は大好きだが、どうしても荷造りが好きになれないと人も多いのでは。そこでまず荷造りをする前に知っておきたいスーツケースの選び方のポイントを紹介したい。今まであなたが使ってきたスーツケースもしかしたら間違って選んでいたかも。

ソフトかハード、一番いいのはどっち?

 

良くある質問が、スーツケースはソフトとハード、どっちがいいの?。 日本ではハードケースが主流だが、日本に来る欧米の観光客の多くはソフトスーツケースを使っている。

結論を言うとどっちでもOK。好みで選んで間違いはない。

昔はソフトケースのほうが軽量で女子旅に向いていたが、今ではハードタイプの驚くほど軽い。Lサイズ90リットルのものでさえ簡単に片手で持ち上げられるからびっくりだ。それにデザイン面を重視したいならいろんな個性的なカラーを選べるハードタイプがオススメ。

車輪の数を気にしたことがありますか?

 

スーツケースを購入するときに、実は多くの人が見落としがちなのが、キャスターつまり車輪の数。

・2輪タイプ 2輪タイプはおもにハンドルを伸ばし斜めにして引っ張るスタイルで使用する。石畳など段差が多い場所ではコチラのほうが便利。

・4輪タイプ 4輪タイプは2輪走行に加えて四輪で立ったままそのままスライドする用にスーツケースを運ぶことが可能。平らな場所では圧倒的に4輪のほうが持ち運びが楽になる。

この通り大は小をかねるので迷ったら4輪のスーツケースにしておくと無難。そして車輪部分はスーツケースの中でも一番壊れやすい部位。飛行機に乗る際に預けた時にうっかり壊されてしまったり、走行により磨耗するからだ。つくりがしっかりしたものを選ぼう。

また大型キャスターは見た感じとても走行が楽そうに見えますが、これはあまり関係ない。大きいキャスターのほうが壊れやすいといった面もあるので私のオススメは小回りが利く小さめのキャスターだ。

強度と軽量性がポイント

 

タビジョは荷物がやはり男性よりもどうしても多くなるし、お土産も一杯買って帰りたい。しっかり自分の大切な荷物を守る為に絶対に必要なのが「頑丈さ」と「軽さ」。逆に言えばここさえちゃんとしていれば、何を選んでもいいほど。スーツケースの本来の役割である荷物を守ることがしっかり出来ているかをまず確認。

個人的に私のオススメは今年日本に上陸したばかりのCENTURION(センチュリオン)というブランド。本当にびっくりするくらい軽くてタフなボディです。昨年アメリカに行ったときに偶然知り合った香港の女の子から教えてもらってそれから愛用中。

image

広告を非表示にする