タイワナビー台湾から

台湾で色々している日本人

スーツケースの強度を知るためのポイントとは

photo-1461770354136-8f58567b617a

スーツケースを選ぶときに真っ先に考えてほしいのは「強度」です。

逆にこの強度が足りないなら

・どんなに軽くても

・どんなにデザインが良くても

・どんなに値段が安くても

まったく意味がありません。

なぜならスーツケースの一番大事な役割は

旅行者の荷物を安全に大事に運ぶということだからです。

最近ではカラフルでカワイイデザインのスーツケースも増えてきましたが、強度が不十分なものも増えてきているので注意が必要です。旅先で壊れてしまってからでは遅いのです。

 

ボディの素材で強さが分かる

 

一般的にハードタイプのスーツケースにはポリカーボネートまたはABSという素材が使われています。どちらとも衝撃に強い樹脂ですがポリカーボネートのほうがさらに頑丈といわれています。またボディを薄く加工することも可能なので、軽量タイプのスーツケースによく採用されています。しかしこのポリカーボネートは高価なのでスーツケース本体の価格もグッと上がります。

ABSは比較的低価格帯のスーツケースによく使われています。最近ではこの二つの素材を混合したものも多くあります。

ポリカーボネート素材のスーツケースを触ったときの印象はボディが薄いのは分かるけどペコペコしていてなんだか頼りない印象を受けるかも知れません。ABS素材のほうが硬くて分厚いので頼りがいがありそうです。しかしペコペコと衝撃を吸収することによって実は分厚くて硬いスーツケースよりも丈夫なのです。

ぜひ次にスーツケースを選ぶときは素材にも注意してみてください!

その他のパーツの強度をチェック

 

ボディの素材の次にチェックしたいのが、キャスターや伸縮性の取っ手やロック部分です。ただこれらの部分は店頭で選ぶ際に確認は難しいです。なぜならある程度使ってみて初めて強度が分かるからです。

強度テストをしっかりしている有名ブランドのものを使うか、保証がしっかりしているメーカーのスーツケースを選ぶようにしましょう。

 

意外に大事なフレームの強度

 

そして最後に確認をしたいのがフレーム部分です。ハードケースの場合は金属のフレームの強度は非常に大切です。フレームが弱いと、簡単にゆがんでしまいせっかく荷物を入れたのに、閉まらないなんてことになります。なるべく太いフレームのほうがいいですが、その分重量は少し重くなります。また、金属部分のフレームは少し深めのものを選ぶとさらに安心です。

 

強度はスーツケースの最低条件

 

これらの強度をクリアしているものの中から自分お気に入ったものを選んでください。ちなみに毎月スーツケースを使う編集長キシモトのオススメはセンチュリオンです。ドイツのバイエル社のPC/ABS樹脂を採用、衝撃に強く弾力性があるボディだから安全性は折り紙つきです!

そして頑丈で壊れてもいつでも直してもらえる永久保証つき!

さらにさらに何よりも色がヤバイ!カワイイ!多い!

私は今のところ水色を持っています。実は香港で買いました。

今年から日本で発売を開始したみたいで今ならかなりお安く買えるみたいです。

 

[wc_box color="inverse" text_align="left"]

センチュリオンの特設フェイスブックページ

[/wc_box]

 

 

 

 

 

広告を非表示にする