読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

タイワナビー台湾から

台湾で色々している日本人

台湾で日本語はどこまで通じるのか?他の言語は?

海外旅行をする際に気になることといえば「言葉の問題」ですよね。 やはり旅を思う存分楽しむためには、地元の人とのコミュニケーションを取る必要があります。 そこで私が大好きな国、台湾では日本語や英語がどれくらい通じるのかを 体験談を元に紹介したいと思います😊 101

台北は思ったより日本語が通じる!

台北は多くの観光客が訪れる国際都市です。そして日本が統治していたという歴史もあってか日本の古い建造物もあちらこちらで見かけられます。そして日本の有名な会社の支店や、レストランも多く、以外に日本語を街中で見かける機会が多いです。おそらくこのような背景もあってか、台北の有名な観光地では必ず日本語が話せるスタッフがいたり、日本語の案内やメニューがあるのでそこまで困ることはありません。もしその場に日本語が話せるスタッフがいなくてもどこからか連れてくる場合もありますし、最悪は漢字を使い筆談をすればこちらの言いたいことは通じます。ただ注意したいのが、ゆっくり標準語で話すということです。いくら日本語堪能な台湾人でも方言は聞き取ることが難しいです。

しかし一歩有名な観光地を外れて路地裏を散策しているとなかなか日本語を理解できる人には出会いません。ローカル飲食店でもほぼ日本語は期待しないほうがいいでしょう。しかし漢字はほぼ同じ意味で使われているのでメニュー等はなんとなく理解することは可能です。

お年寄りが日本語を話せるというのも人による

よく日本の統治時代に教育を受けた老人は日本語が堪能だと聞きますが、これも人によります。単語を少し覚えているだけで、あとはすべて忘れてしまっている人も多くいるので、すべての老人が日本語ができるわけではないのです。ただ流暢な人は本当に日本人かと思うくらいにうまいです。このような人は高い教育を昔に受ける余裕があった裕福な家の人が多いです。

台北の英語力はなかなか!すごい。負けるニッポン

あと一つ思ったのが、台北は英語力が非常に高い人が多いです。日本では最近になってやっと英語力と収入やいい会社に就職できる相関関係ができてきました。しかし台北でははるか前から英語を自由に使えることは良い暮らしをするために欠かせない能力の一つです。ですから英語教育は日本よりも熱心に行われていると感じました。

観光地以外の場所では英語のほうがよく通じます。特に20代以下の若者なら簡単な質問や日常会話は難なくできると思います。この点では日本は少し遅れをとっているかな?と感じました。私も台湾に滞在するようになって中国語よりもまず先に英語が上達しました(英語が話せる人が多いのでつい英語を使っていしまう)

台北以外の都市では…

台北は日本よりも外国語対応能力があると書きましたが、それ以外の都市は、正直日本とどっこいどっこいです。期待は有名観光地以外はほぼしないほうがいいでしょう。まぁ日本の地方都市と同レベルです。しかし有名観光地では必ず日本語のパンフレットもありますし、観光にできないというレベルではありません。また台北の人よりも日本時代を懐かしく思ってくれている老人の方が多いのも事実。もし言葉が通じる相手を見つけたらぜひ交流してみましょう!

0I9A5443ISUMI_TP_V

広告を非表示にする