読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

タイワナビー台湾から

台湾で色々している日本人

台湾人のオシャレ事情について

台湾と聞いてファッション・トレンド発信地というイメージを持つ人は少ないと思う。お隣韓国や香港に比べると、オシャレ方面ではなかなか名前が上がらない台湾。

そこで台湾のオシャレ事情について私なりの考えを紹介したい。

f:id:ja015044:20170308140138j:plain

差が激しすぎ!0か100かな台湾人

台湾に来てまず最初に思ったことが、おしゃれな人とそうでない人の差が激しいということだ。おしゃれな人は全身ハイブランドで実を固め、まつげガーッメイクもりもり。しかしそうでない人はジャージのような服(少しよれっとしてる)を身にまとい、足元はもちろん冬でもサンダルだ。日本ならオシャレに興味があまりない女性でも、一応軽くメイクをしたりする。しかし台湾ではやるかやらないかははっきり別れている。

今何が流行っているかは一目瞭然

台湾に来て1日過ごすだけで、雑誌やテレビのメディアを見なくとも何が流行っているかがすくに分かる。以前にも書いたが

台湾人女性は流行りものが大好き。地下鉄やバスになるとみんな同じカバンや靴を身に着けている。服かぶりや持ち物かぶりも怖くない!といった様子。

奇抜な格好をした人は少ない

日本では見るからにこの人ロックンローラーだ、HIPHOP聞いてそう、スゴイギャル、古着が好きそう、ゴスロリなど生き方が服に現れている人をよく見かけるが、台湾でこのような極端に生き方を洋服で表現するという人は普段はみかけない。割りとスタンダードだ。UNIQLOが台湾で人気があるのも納得。

(台湾でUNIQLOは日本の価格と比べると結構高い)

 

やっぱり楽チンが一番

日本とは違いはっきりとした四季がないので一年の半分以上は夏服でOK。そして結婚式にジーパンとサンダルで出席できるほど、ドレスコードが厳しくない台湾はカジュアル・リラックス派のとが大多数だ。ヒールのある靴を履く人も、ヘアアレンジをしている人もほぼいない。女性ならストレッチスリムパンツとTシャツのようなスタイルが多いと思う。オシャレな国とはいえないけれど、このゆるさにハマる日本人は本当に多い。私もすっかりこの気楽な雰囲気になれ、日本に帰るたびにちょっと緊張している。

 

広告を非表示にする