読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

タイワナビー台湾から

台湾で色々している日本人

列車内爆破事件からみる、台湾人が疑問に思う台湾メディアの問題点

おもしろおかしい台湾人 ここがへんだよ台湾

日本と同じくらい治安が良いと言われている台湾で

(体感的にも本当に日本と変わらないと思う)

台風が1号が台湾を横切っている間に、結構ショッキングな事件が起きた。

 

 

台湾の列車の中で爆発物が爆発したのだ。

幸いなことにまだ死者は出ていないが

25人が重軽傷を負っているそうだ。

 

私はその日仕事も学校も休みだったので

1日テレビを見てこのニュースの速報を見ていたのだが

日本人の私からして気になったことと

私の相方・台湾男子が台湾のメディアについて文句をずっと垂れていたので紹介したいと思う。

 

結構がっつり映すのね

 

まず最初に私が驚いたのが

事故の現場や、被害者の方が運ばれていく様子を結構ガッツリ撮っていたということである。私からすると苦痛の顔をされている被害者の方を見ると心が本当に痛い。しかし感じた違和感は、日本ならここまで顔や表情を明らかに放送しないということだ。プライバシーの配慮ももちろんあるだろうけど、視聴者もそれを望んでいないという面も大いにあると思う。

 

台湾人彼氏に聞くと、台湾メディアは扇動するのが大好きで、とにかく小さなことでも派手派手しく放送する傾向があるとのこと。確かに、現場レポータも声を大きく上げて叫ぶように状況をアナウンスしている。(あと中国語の響き自体が結構強いので私は余計に大事件のように感じられる)

 

f:id:ja015044:20160709211925j:plain

 

容疑者は重体らしいが速攻で名前と病院名が報道される

 

容疑者と見られる男性は自らスイッチを入れた爆発物により重症をおって未だに話せる状態ではないらしい。しかし名前などは結構早い段階で報道された。もちろん警察やメディアは確証を持っているとは思うが、意識不明の重体時ちょっと早すぎるかなと感じた。これは日本でも同じ問題があると思う。今まで日本のメディアも何度となく冤罪に加担したこともあるし、まだ容疑者段階でまるで犯人として決めつけるような報道は本当に多い。

 

そして私が今回何よりも問題に感じたのが、この容疑者が入院している病院まで明かされたことだ。しかも私の家から結構近かったりする。前を歩くと報道車が何台も列になり、病院の前で報道合戦をしていた。これはちょっと問題。だって普通に病気や怪我で入院している人からしたら、こんなに外でガヤガヤしていたら心やすまる時がない。しかも結構怖いよ、、、爆発事件の犯人と同じ病院にいると考えるだけでも。

 

この点も台湾人彼氏も、病院報道はやり過ぎだと感じたみたい。でも私が指摘するまで特に気にとめていなかった。やはり日本に比べると台湾は「情報」特に個人情報に対して本当におおらかだと思う。これはフェイスブックの利用率や使用方法からしてもわかる。

 

私は今服屋さんで働いているのだが、お客さんはフェイスブックを通じて連絡をしてくる。だから連絡をしてきた人の名前や顔などの個人情報が店側からは結構分かる。(その人が公開している情報に限るが)

 

でも日本って電話とかメールなど送り主個人が特定できない方法を使って問い合わせることが多いような気がする。

メディアは個人の情報に対してもっと気を使ってほしいなと感じた。日本も台湾もこの点はまだまだ改善の余地があると思う。そして事件の真相が少しでも早くわかりますように。また怪我をされた方の少しでも早い回復を祈ります。

台風に慣れている、いや台風を喜んでいるとは!!

おもしろおかしい台湾人

非常に強い勢力を持った2016年初物の台風1号

気象庁が猛烈と言ってるのだからそれは結構強い台風だと思う私。

(ボジョレーヌーボーみたく毎回最高、いや最恐と言っているふうに思う人もいるかもだけど)

 

しかしたここにいる台湾人は皆、「来い、台風よ来い!」「いやお願いします神様台風をここに!」とばかりに願う人ばかりだ。

↑このエントリを書いた時は夕方の6時。

そしてその2時間後についにわが町台北で全部の学校と会社の休校・休業が決定。

その後フェイスブック上には多くの台湾人の歓喜の声が…

でもさでもさ、休みになるってことはやはり影響が大きいってことだよね?

ちょっとくらい不安にならないの?風が今の段階でも強くて関西人の私は怖い。

 

台湾人の彼氏に聞くと「あ、慣れているから」この一言

そして「カラオケ行く?それとも映画見に行く?」とかなり上機嫌

そしてバイクに乗りながら「イエェェェェェイ」と叫んでいた。

 

うん。すごいよ台湾人!

なんか一緒にいたら私も明日休みだしこの状況楽しまなきゃ損って気持ちになってきた。そして祝杯を交わそうとスーパーへ。

 

f:id:ja015044:20160707231612j:plain

おやつとかビールを買うために人が集結!

みーんな考えることは一緒なのね。

今日はまだまだ風が強く外に出られないけど

どうか何事も大きな被害がないことを祈りながら

久しぶりにお家でのんびり過ごそう。

f:id:ja015044:20160707232444j:plain

 

 

 

日本人が英語ができないのは本当なのかFrom台湾

gf01a201503290500

私は今いろんな仕事や勉強のために台湾と日本を行ったり来たりしながら生活をしています。 台湾に来ると私は台湾では「外国人」になります。

もちろん中国語の勉強を初めて10ヶ月を過ぎたので簡単な日常会話はできるようになりました。 だけどまだ言葉が足りない時は英語を混ぜたりします。

私の語学スキル(自己評価)

・英語⇒旅行会話なら問題なし。自己紹介などある一定でのシチュエーショントークも問題なし。ネイティブ以外(ここポイント)なら臆せずに話せる、そして聞き取れる。ネイティブのテンションが高いマシンガントーク状態の時はちょっと待って!となる。映画もやはり英語字幕はまだ必要。新聞などは専門用語以外は問題なく読める。海外の人のブログ記事を読んで情報収集も可。

・中国語⇒旅行会話なら問題なし。シチュエーショントークも問題なし。台湾人の中国語なら慣れているのである程度は聞き取れるが、中国人やその他東南アジアの華僑の中国語はまだ慣れていないので聞き取りが難しい時がある。中国語の一番の難点は発音の難しさ、同音の単語が多いのでトーンを間違えると全く違う意味になってしまう。読解や書き取りはほぼ問題なし。しかしまだまだ教科書基準の中国語なので俗っぽい表現はわからないことが多い。

えっすごいじゃんと言われて恐縮する私

台湾にいると外国人に自然になるので、外国語や外国人そのものに興味がある台湾人からはよく英語で話しかけられます。その時に少しほんのすこし英語を話すだけで結構な確率で驚かれます。もちろん私の英語はまだまだネイティブレベルには程遠いし、英語留学経験がある人にはかなわないけれど、外国の地ではっきりと自分の意見を伝えたりサヴァイヴするのには問題ないレベルです。しかし私の話す言葉を聞いて「おお〜日本人の割に話せるね」と言われてしまうのです。

やはり日本以外の国の人は日本人は英語ができないというイメージを強く持っています。でも今の若い人はそうは言い切れないんじゃないかなと思います。私はもう30過ぎてから本格的に英語の勉強を始めました。でも今の若い人はもっと国際化された世界の中で英語の勉強を私の世代以上に危機感を感じてやっていると思うのです。

でも、一部の留学経験がある台湾人を覗いては日本人の若者も同じくらいのレベルだと思います。あと中国語留学中に気付きましたが、韓国人も結構できない人が多い印象です。日本人と韓国人の話せない理由は間違えることを恐れる気持ちが根底にあるからだとは思っています。しかし、その他の国は結構みんなガンガン話します。よく聞くと間違ってます。でも誰も気にしてません。やはり話せば話すほどうまくなるのは本当に真実なのだと思います。こんな私でも中国語学校に通ってたくさんの外国人に囲まれる中でかなり英語も揉まれました。

lgf01a201412140700

実は日本人はとっても英語習得に有利

でも台湾でたくさんの台湾人と尾交流を深める中で気づいたのが、日本人の英語の語彙力はかなり素晴らしいということです。私のおばあちゃんでもかなりの英単語を知っています。そう「カタカナ英語」です。身の回りにはカタカナ言葉が溢れています。ですからベースは日本人のほうが断然整っているのです。例えば私が今この記事を書いているコンピューター、中国語では電脳です。だから中国語話者はいちからComputerという単語を意味と発音を一緒に覚えていく必要があるのです。

もちろん注意も必要だけど、絶対に近道!

みなさんもご存知とは思いますが、カタカナ英語の中には外国で通じないものをちらほらあります。例えばオーダーメイド、正しくはMade to orderです。このように和製英語やカタカナ英語の悪い影響もっもちろん否定はできませんが、私の意見としては、自分が知っているカタカナ英語を少しブラッシュアップつまり発音を強制して使うだけで一気に千単位で英単語の語彙数が増えるのです!だからこそ、英語が苦手だと思っている人におすすめしたいのがカタカナ英語変換訓練です。ちなみにコンピュータではなく英語ならコンピュラーのほうが近い発音です。数をこなして行けば変換のコツがつかめてくるのでぜひ試してみてください。

もうすぐ私の場所に台風1号がやってくる

おもしろおかしい台湾人

台風の脅威が身近な台湾

台湾は台風が発生すると結構な確率で、直撃する。というか台風の通り道に台湾があると言ってもいいくらい。そして日本でも今話題になっているみたいだけど、ついに今年初の台風がやってくる。しかし台湾では日本人ほど「初物」に反応しない。みんな「あ、台風生まれたみたいね」ぐらいのノリで大騒ぎもしていない。でも台風が来るというニュースが放送されると、みんなすこ~しソワソワし始める。

 

f:id:ja015044:20160707194011j:plain

明日休みになるかもしれない…

もともと台湾は祝日が極端に少ない。年に数えるほどしか国民全体が休む休日がない。6月以外毎月何らかの祝日がある日本とは大きな違い。(まだ増えそうだし)だからこそほとんどの学生・社会人は台風接近中の一報が聞こえると、毎時間ごとに台風の進路を確認して、どうか休みになってほしいと願っているのだ。もちろん台風が来るとやはり雨も風もかなり激しいので、学校・仕事が休みになるのは当たり前である。台風が過ぎ去ったあとは街路樹の多くがなぎ倒されていて、風雨の凄まじさを感じる。しかし台湾人至っては至って「台風に慣れている」感じだ。そしてみんな台風がどうか自分の愛する島そして街に直撃するように願っているのだ。

 

大体台風による休日が政府から発令されるのは台北市なら前日の夜9時頃になる。そして休日の文字を見た瞬間、多くの(ほとんどの)台湾人はガッツポーズを作り台風襲来を祝福しあうのだ。

 

さて、今はまだ夕方6時半。明日は休みになるのかどうか…。誰も知らない。

台湾で日本語はどこまで通じるのか?他の言語は?

海外旅行をする際に気になることといえば「言葉の問題」ですよね。 やはり旅を思う存分楽しむためには、地元の人とのコミュニケーションを取る必要があります。 そこで私が大好きな国、台湾では日本語や英語がどれくらい通じるのかを 体験談を元に紹介したいと思います😊 101

台北は思ったより日本語が通じる!

台北は多くの観光客が訪れる国際都市です。そして日本が統治していたという歴史もあってか日本の古い建造物もあちらこちらで見かけられます。そして日本の有名な会社の支店や、レストランも多く、以外に日本語を街中で見かける機会が多いです。おそらくこのような背景もあってか、台北の有名な観光地では必ず日本語が話せるスタッフがいたり、日本語の案内やメニューがあるのでそこまで困ることはありません。もしその場に日本語が話せるスタッフがいなくてもどこからか連れてくる場合もありますし、最悪は漢字を使い筆談をすればこちらの言いたいことは通じます。ただ注意したいのが、ゆっくり標準語で話すということです。いくら日本語堪能な台湾人でも方言は聞き取ることが難しいです。

しかし一歩有名な観光地を外れて路地裏を散策しているとなかなか日本語を理解できる人には出会いません。ローカル飲食店でもほぼ日本語は期待しないほうがいいでしょう。しかし漢字はほぼ同じ意味で使われているのでメニュー等はなんとなく理解することは可能です。

お年寄りが日本語を話せるというのも人による

よく日本の統治時代に教育を受けた老人は日本語が堪能だと聞きますが、これも人によります。単語を少し覚えているだけで、あとはすべて忘れてしまっている人も多くいるので、すべての老人が日本語ができるわけではないのです。ただ流暢な人は本当に日本人かと思うくらいにうまいです。このような人は高い教育を昔に受ける余裕があった裕福な家の人が多いです。

台北の英語力はなかなか!すごい。負けるニッポン

あと一つ思ったのが、台北は英語力が非常に高い人が多いです。日本では最近になってやっと英語力と収入やいい会社に就職できる相関関係ができてきました。しかし台北でははるか前から英語を自由に使えることは良い暮らしをするために欠かせない能力の一つです。ですから英語教育は日本よりも熱心に行われていると感じました。

観光地以外の場所では英語のほうがよく通じます。特に20代以下の若者なら簡単な質問や日常会話は難なくできると思います。この点では日本は少し遅れをとっているかな?と感じました。私も台湾に滞在するようになって中国語よりもまず先に英語が上達しました(英語が話せる人が多いのでつい英語を使っていしまう)

台北以外の都市では…

台北は日本よりも外国語対応能力があると書きましたが、それ以外の都市は、正直日本とどっこいどっこいです。期待は有名観光地以外はほぼしないほうがいいでしょう。まぁ日本の地方都市と同レベルです。しかし有名観光地では必ず日本語のパンフレットもありますし、観光にできないというレベルではありません。また台北の人よりも日本時代を懐かしく思ってくれている老人の方が多いのも事実。もし言葉が通じる相手を見つけたらぜひ交流してみましょう!

0I9A5443ISUMI_TP_V

格安航空会社Peachってどうなの?初めて利用する人必見!Peachの特徴を紹介

旅行に行きたいけど、飛行機運賃って本当に高いですよね・・・ でも最近ではこの飛行機チケット=高いがLCC(ローコストキャリア)の登場で覆されました。

関西地区で一番人気のLCCといえば絶対にPeachです!あのちょっと派手でかわいいピンク色の飛行機、みたことがある人も多いのではないでしょうか。

しかし「従来のJALANAと何が違うの?」「予約の仕方が分からない」「安い分だけなんだか怖い」と思ってまだ利用したことがない人が多いのも事実です。でもPeachを使わないなんて絶対に損です!!

ここではPeach愛用者である(搭乗回数30回は超えてます!)タビジョ通信編集長のキシモトがPeachを始めて利用する人の疑問に答えていきます。

台湾まで片道3000円???ピーチの安さの秘密とは?

乗ったことがある人は当然知っていますが、まず最初に分かるのが座席の狭さです。私は身長165センチのやや細身の体型ですが、それでも結構2時間あの狭い座席に座っているのはキツイ時もあります。そして隣の人との先も前に人の席との距離もかなり近いです。一度外国人の方でかなり大きな体の方が体を文字通りに丸めて座っているのを見て本当に不憫に感じと事もあるほどです。

でもこの「狭さ」が安さの秘密なのです。小型の機体を使いながらも座席を最大限増やす配置構造になっています。ですから席が狭いのは当たり前なのです。同じ燃料を入れて飛ぶのなら一台あたりたくさんのお客さんが乗っていればそれだけ利益が上がります。ですから通常のJALANAのように一人あたりの飛行機チケット高くする代わりに、安い値段でたくさん人を載せてしっかり売上を上げようというのがLCCの基本的な考え方です。

水はない!毛布はない!映画なんてあるわけがない!

次にLCCの大きな特徴は機内のサービスがすべて有料化されているということです。水を飲みたい時でさえお金がかかります。ですから食事ももちろん有料ですし、毛布やピローの貸出も基本的にはありません。そして映画や新聞もないので機内での時間を潰す道具(本や雑誌、あるいは映画などをタブレットにダウンロードしておく)を自分で準備をする必要があるのです。しかしこの機内販売の売上はPeachをはじめLCC会社の大きな利益減の一つです。ですからかなり頻繁にCAが販売の巡回をします。しかし私は結構Peachの機内販売好きです。久しぶりに日本に帰るときはついついお好み焼き食べちゃいます…

100グラムでも許しません!荷物の預け時は絶対注意が必要

またLCCを利用する際に不便なのが、荷物です。基本的に機内持ち込みの荷物は無料です。(もちろん重量個数制限はあります)ですがそれいがいにカウンターに荷物を預ける場合は有料になります。そして規定のグラム数を少しでも超えるとびっくりする蔵の金額をとられるので、事前に図って確認しておきましょう!


このようなチェッカーはLCCのりには必須です!

自己責任が原則です、トラブルを解決してレベルUPしていこう

基本的にPeachは予約をするとキャンセルができないと覚えておきましょう。チケット購入後、変更ができるチケットもあります(少し高いです)、しかし完全にキャンセルすることは不可能なので、しっかりと自分の予定を確認する必要があります。また例えば台風などの天災、機体トラブルで遅延や欠航をしても自分でPeachに問い合わせをして解決方法を確認していく必要があります。もし結構になって帰れなくなったらホテルなどの手配も自分でしなくてはいけません。

やっぱり利用するのをやめようか…と思っているあなたに

ここまで読むとPeachを利用するのはちょっとハードルが高そう…と思いますか?でも実は本当はなんてことはありません!たくさんの人が何度もリピートして利用していますし(私もそうです😊)、トラブルが起きてもやはり日本の航空会社なので、問い合わせも問題ありません。座席は確かに狭いですが、数千円をプラスすれば足がのばせる広い座席もあります。それに2時間ほどのフライトなら女性なら問題ありません!

何よりも旅の大きなコストの一つ「移動費」を節約できることが最大の魅力です!ここを抑えて現地で少しいいレストランで食事をしたり、様々なアクティビティに参加をしたり、ワンランク上のホテルに宿泊できるからです。私は普段の生活の中でもついついスマホを触ってしまいますが、飛行機になる時はここぞとばかり読書を楽しんでいます。キャビンクルーも明るくてフレンドリーな人が多いのも他の航空会社とは違うかな?と思います。また機内もいつも綺麗に清掃されているので、安いから色々不安という人はぜひぜひ一度試してみてください。きっといい意味で他所を裏切られることまちがいなしです。

Peach機体

あると便利!台湾旅行の際にもって行きたい「アレ」

101

2016年のゴールデンウィークの人気海外旅行先1位が「台湾」だったそうで本当に嬉しいです。 私は今一年の半分以上は台湾で生活をしています。

おいしい食べ物に活気のある街、優しい人々・・・ 観光客として来ていたころから台湾にはまりっぱなしです。

もっともっと日本のタビジョに台湾を好きになってほしいから 台湾を旅行する際に本当に本当に役立つものを紹介したいと思います。

持ってて良かったNO.1絶対これ

 

私が心から全ての日本人観光客に持っていてほしいのが 「ペンとメモ」です。 もう絶対に必須です。

なぜなら台湾も私たち日本と同じほぼ同じ漢字を使う国だからです。 だから言っても通じないときに漢字を書くと面白いほどに伝わります! 例えばあなたは熱いブラックコーヒーをミルクと砂糖無しで飲みたいとします。 でも英語も日本語も通じないときは こう書きましょう→「熱黒珈琲 ×砂糖 ×牛乳」 これだけでバッチリ通じます!

もちろんスマホでも出来ますが、少し年配の人相手ならササっと大きめに書いて「どうだっ」といわんばかりに見せれば即効通じます。 これが本当に台湾旅行で面白いところです。 話す言葉は全然違う(中国語もしくは台湾語と日本語)なのに書くことでコミュニケーションが取れるのです。 そして筆談をしているとなんだかとても暖かい気持ちになるのは私だけでしょうか。 それに日本人と分かるときっと丁寧にあなたの質問にも答えてくれますよ。 私も毎回小さなポケット目元ペンを必ずかばんに忍ばせて旅行をし、帰国した後は自分が書いためちゃくちゃな漢字文章を読み返すことで旅の思い出に浸ります。

例:(私服大大 他服欲 黄色好)←きっと服が大きかったので違うサイズが欲しかったのでしょう。そして黄色のものを探していたに違いありません笑。

何かと便利なポケットティッシュとウェットティッシュ

 

これは台湾に限らず旅の定番ですよね!台湾ではポケットティッシュを街頭で配っていることは大変珍しいので、自分で持参しないとティッシュ難民になってしまいます。 また夜市など食べ歩きをする機会が多い台湾ではウェットティッシュを持っていると何かと便利です。それに台湾の女の子はあまりティッシュやハンカチを持っていない?(私の周りでは)持っているだけでかなり女子力高く見てもらえます笑。

変わりやすい天気と気温に対応しよう

 

台湾でも台北は特に雨が多い地方です。周りを海と山に囲まれているので急に天気が変わります。さっきまで晴れていたかと思えば突然スコール並みに雨が降り出します。そこで持っておきたいのが折り畳み傘です!ただ折り畳み傘は台湾では種類も多く安く買えるのでコチラで買ってもいいかもしれません。また寒暖の差が激しいのも特徴のひとつです。これはお天気の話ではなく、室内と屋外の気温差がスゴイ!んです。ダラダラと汗をかいてガンガンに冷凍庫?くらい冷え切った店内に入ると、慣れていない日本人はとたんに風邪を引いてしまいます。タビジョのみなさんは羽織るものをしかっり準備してくださいね。