読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

タイワナビー台湾から

台湾で色々している日本人

スーツケースは軽いほうがいいって本当?その理由とは?

image

スーツケースにはポーチサイズの小型のものから、人間がひとり入れるくらいの大型のものまで実に様々なタイプのサイズがあります。

しかしどのサイズを選ぶときも気にしてほしいのがスーツケース本体の「重さ」です。そしてもしスーツケースの大きさで迷った時は、可能であれば荷物の量を減らしてでも小さめのスーツケースを選んだ方が旅の快適度はグッと上がります。

以前ではソフトタイプのほうがハードタイプより軽かったのですが、今ではハードタイプのスーツケースもかなり改良され重さに差はなくなってきました。

搭乗予定の飛行機にスーツケースの重量制限がある?

 

飛行機に搭乗する際に無料で預けることが出来る荷物の重さは各航空会社で決まっています。会社や行き先によって多少違いますが、目安は20キロ程度です。この無料範囲を超えてしまうと、割高な追加料金を取られてしまいます。

最近では格安航空会社(LCC)も大変人気ですが、航空運賃が安い分荷物の重量測定はかなりシビアです。たった100グラムオーバーでも何千もの追加料金を取られることもあるので注意が必要です。このようにスーツケースは軽いものを選んでおくと中に荷物を安心してつめることが出来ます。

予算と相談しながらなるべく軽いスーツケースを

 

このようにキャリーバッグは軽いほうが多くの荷物を重量制限内で運べますし、移動も楽になります。しかし軽量で丈夫なボディのキャリーバッグを選ぶとなると少し値段は上がります。

注意したいのが軽さだけを追求したスーツケースです。もちろん耐久性を気にしないのならいくらでも軽いものを作ることは可能です。しかしこのような軽いだけの激安ブランドは壊れやすいのが事実です。保証がしっかりついているか、または安心できるブランドのものを買いましょう。旅先で壊れてしまうと本当に悲しくなります。


私のオススメはCENTURION/センチュリオンです。5万円以上する高級スーツケースブランドとクオリティは本当に変わりません。何よりも頑丈で軽いので安心して搭乗の際も預けることが出来ます。

そして一番のポイントは色がカワイイ!空港で注目を集めること間違いなしのカラー展開は見ているだけでも楽しくなってきます。アメリカ生まれのセンチュリオン、今までアジア地区は香港と台湾だけで販売していたみたいですが、ようやく日本でも買えるみたいです!

特設フェイスブックページをぜひチェックしてみてください。

[wc_share_buttons]

広告を非表示にする